南相馬市市民活動サポートセンター

笑顔の時間を共有「ぶら街発見! INかしま」


 南相馬市市民活動サポートセンターは、8日にまち歩き事業「ぶら街発見! INかしま」を南相馬市の鹿島区で開催しました。大人8人、中学生6人、未就学児2人の計16人が参加。午前中はかしま交流センターを会場に、キャシーこと長谷川久三子さんを講師に迎え、グラフィックレコーディングを学びました。絵と文字を使って話したことを可視化する手段で、プロッキーという水性ペンの使い方の指導を受け、表現の仕方を教わりました。

 午後は実際に3班に分かれてまち歩き。鹿島御子神社や勝縁寺などで貴重なお話をうかがい、ゆつたりと語り合いながら巡り歩きました。そして実際のグラフィックレコーディング実習編へ。体験で感じたことを話し合い、絵と文字で課題や町の魅力、そして「こんなことをしてみたら…」という提案を可視化しました。

 とっても有意義な体験でした。参加した皆さま、キャシー先生、笑顔の時間を共有できて感謝です! 8月22日はこの体験を基にして「動画deド~ン」(鹿島区役所大会議室 10:00~16:00)を開催します。21日まで予約を受け付けています。問い合わせ・申し込みはサポセンへ 

電話0244-23-5420、FAX0244-26-7006。

笑顔の時間を共有「ぶら街発見! INかしま」
トップへ戻る