南相馬市市民活動サポートセンター

iPhoneの基礎学ぶ「スマホ体験連続講座」1回目


 南相馬市市民活動サポートセンター(サポセン)は9月24日、「スマートフォン体験連続講座」の1回目をサポセン会議室で開催しました(13:30~15:30)。台風12号の接近で、あいにくの天気になったにもかかわらず9人の参加があり盛況でした。4回の連続講座で、市民活動のための広報力強化セミナー。スマホを使って伝えるコツを学びましょうというのが企画の意図です。

 ソフトバンク(株)スマートフォンアドバイザーの佐々木進太郎さんら3人の講師が、まず初心者向けにiPhone(アイフォン)の電話のかけ方や受け方を説明。iPhoneとアンドロイドの違いは、iPhoneはアップルの頭脳を持ち、アンドロイドはグーグルの頭脳を持っているとそれぞれ頭脳が違う点を教えてくださいました。

 その上でアプリとは「機能」を意味し、地図アプリを使って操作の仕方や検索の仕方を実践。東京タワーを検索してナビとしても使えることを教えてくださるとともに、話しかけて使う方法など、分かりやすく解説してくださいました。

10月8日(木)に2回目の講座

サポセンでは、「スマホ体験連続講座」の2回目を10月8日(木)に開催します。時間は13:30~15:30。場所はサポセン会議室。参加無料で定員は10人(筆記用具持参)。ご興味のある方は、どなたでも参加できます。参加希望者は、前日の午後6時まで、サポセン☎0244-23-5420 へお申し込みください。

 

iPhoneの基礎学ぶ「スマホ体験連続講座」1回目
トップへ戻る