南相馬市市民活動サポートセンター

SNSの基礎学ぶ「スマホ体験連続講座」2回目

 南相馬市市民活動サポートセンター(サポセン)は10月8日、市民活動のための広報力強化セミナー「スマートフォン体験連続講座」の2回目をサポセン会議室で開催しました(13:30~15:30)。前回(9月24日)は台風12号、そして今回は台風14号の影響で雨と2回続きであいにくの天候となりましたが、8人の参加がありました。スマホを使って伝えるコツを学びましょうというのが企画の意図です。

 ソフトバンク(株)スマートフォンアドバイザーの2人の講師にご登場頂き、SNSの基礎を説明してもらいました。SNSは、ソーシャルネットワーキングサービス(Social Networking Service)の略で、登録された利用者同士が交流できるWebサイトの会員制サービスのこと。友人同士や、同じ趣味を持つ人同士が集まったりして、密接な利用者間のコミュニケーションを可能にしています。フェイスブックやインスタ、ツイッター、ラインなどが代表的な例と教えて頂き、今回はラインのやり方に挑戦。

 参加者がラインに登録してやりとりをしたり、仲間を追加する方法を学びました。質疑応答の時間を十分にとり、参加者はラインのいろいろなサービスについて熱心に質問していました。

10月22日(木)に3回目の講座

サポセンでは、「スマホ体験連続講座」の3回目を10月22日(木)に開催します。時間は13:30~15:30。場所はサポセン会議室。参加無料で定員は10人(筆記用具持参)。ご興味のある方は、どなたでも参加できます。参加希望者は、前日の午後6時まで、サポセン☎0244-23-5420 へお申し込みください。

SNSの基礎学ぶ「スマホ体験連続講座」2回目
トップへ戻る