南相馬市市民活動サポートセンター

ドローン操作に挑戦「そうそうこども科学祭2020 」

 南相馬市市民活動サポートセンター(サポセン)の山田と申します。本日、17日に南相馬市原町区で「そうそうこども科学祭2020」がロボットテストフィールドを会場に開催されました。県内に在住の小学生・中学生とその保護者が対象のイベントです。


 「サポセンニュース12月号」でロボットテストフィールドを紹介するため取材に行ったのですが、大勢の親子連れが訪れ盛況でした。登録団体様である「特定非営利活動法人 南相馬サイエンスラボ」もおもしろ科学実験ブースで、科学の楽しさを紹介。大人気だという「ロボマスター」を操作して遊ぶことができるブースもありました。UFOキャッチャーのように、ドローンを操作するコーナーでは、子どもたちが初めて体験したとは思えないほど上手にドローンを操作していて感心しました。


 こうして遊んだり、体験したりすることで自然と「科学のおもしろさ」を知ることはとっても大切なことですよね。参加した子どもたちの夢中な姿が特に印象に残りました。エアレースパイロットの室屋義秀さんが会場間近で大迫力の飛行ショーを見せてくれて盛り上がりました。

 ロボットテストフィールドのような施設が南相馬にあることを誇りに思います!

ドローン操作に挑戦「そうそうこども科学祭2020 」
トップへ戻る