南相馬市市民活動サポートセンター

ラインの機能学ぶ「スマホ体験連続講座」3回目

 南相馬市市民活動サポートセンター(サポセン)は、10月22日、市民活動のための広報力強化セミナー「スマートフォン体験連続講座」の3回目をサポセン会議室で開催しました(13:30~15:30)。参加者10人と定員に早くから達して、回を追うごとに参加者の学習意欲も増してきたように思われます。


 ソフトバンク(株)からスマートフォンアドバイザーの講師を含め5人も出席頂き、熱心に教えてもらいました。この日は、さまざまなラインの機能について講義して頂きました。ラインを使ったメッセージの送り方や音声によるメッセージの出し方の説明に始まり、QRコードを使った友だち登録の仕方を講師が平易に説明。写真と動画の送り方、ライン通話の受け方やかけ方、ビデオ通話の仕方、ラインのグループの作り方や参加の仕方と盛りだくさんな内容でした。


 無料のスタンプの取り方コーナーでは、無料スタンプを出しているのが企業が多いので、仮に「邪魔になったな~」と思ったら企業からの通知のブロックや解除の仕方、通知オフの仕方なども教えて頂きました。参加者は、それぞれスマホを片手に自分の実情に合った質問を講師に投げかけながら熱心に操作していました。

 最後の講座となる4回目は11月12日(木)にサポセン会議室で開催します(13:30~15:30)。講座の内容は、迷惑メールやスマホのセキュリティについてとなります。現在7人の申し込みがあり、定員10人ですので参加を募集しています。締め切りは開催日前日の午後6時まで(定員になり次第打ち切ります)。問い合わせはサポセン☎0244-23-5420 へ

ラインの機能学ぶ「スマホ体験連続講座」3回目
トップへ戻る