南相馬市市民活動サポートセンター

2021年度 特定活動助成

近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。

 また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める「傾聴ボランティア」が、ますます求められています。全国で心のケアのための傾聴ボランティア活動をしている団体に助成致します。

◆応募締切:2021年7月30日(金)午後5時必着

◆助成金額:1団体あたりの上限額   50万円

◆対象団体:

 心のケアのための傾聴ボランティアとして活動をしている団体(自然災害の被災者をはじめコロナ禍で困難な状況にある人等を傾聴)

 上記の団体のうち次の二つの条件を満たす団体を対象とします。

  1.応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。

  2.団体として、既に一年以上の活動実績があること。

◆助成期間:最長3年間。年50万円を上限としますが、助成額については活動内容により査定します。継続助成につきましては、経過報告を重視して決定します。

◆助成金の使途:

 助成金は、活動に直接要する会議費、旅費交通費、通信運搬費、機材購入費、消耗品費、印刷製本費、諸謝金、通訳翻訳料等に使用するものとします。既に終了した活動には助成致しません。助成金の使途については、以下の費目一覧をご参照の上、具体的な積算根拠とともにご記入ください。なお、助成決定後に各費目の金額を変更することは原則としてできませんのでご留意ください。助成期間終了後に領収書(原本)および明細書をご提出いただきます。

◆対象経費(費目):

 ・会議費:会議のための会場借料、設営費、茶菓子代、弁当代等

 ・旅費交通費:国内旅費、宿泊費、食事代等

 ・通信運搬費:通信費、運搬費等

 ・機材購入費:活動に直接必要な備品等の購入費等

 ・消耗品費:文具等事務用品、感染症対策に関わる物品等

 ・印刷製本費:資料のコピー代、ポスター・パンフレット等の印刷費等

 ・諸謝金:講師等、職員・会員以外の協力者への謝礼金

 ・通訳翻訳料:通訳料、翻訳料

 ・その他経費:ボランティア保険等、上記費目に該当しない経費

♦応募方法:

 当財団所定の申請書(HPよりダウンロード)に必要事項を記入の上、当財団宛に送付ください。(申請書の受け付けは送付のみとなります。財団事務所への持参、メール、FAXによる受け付けは致しません)紛失等のトラブルを避けるため、なるべく書留や宅配便等でお送りください。ご提出いただいた申請書はご返却できません。必ず控えをお取りください。

◆問合せ・送付先:公益財団法人 ユニベール財団

 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階
 TEL:03-3350-9002 / FAX:03-3350-9008

  E-mail:info@univers.or.jp /

 URL:www.univers.or.jp

2021年度 特定活動助成
トップへ戻る